【買い替える価値あるの?】iPhone 6/6sからiPhone 8へ買い替えるメリット ・デメリット

先週9月13日(日本時間)にiPhone 8/8 Plus とiPhone X(テン)がApple Special Eventにて発表されました。iPhone X(テン)の方は、【顔認証機能】【ホームボタンなし】、【全面ディスプレイ】など今までのiPhoneとは一線を画すモデルとなっており、大変注目が集まっています。

(正直めっちゃ使ってみたい・・)

今回はそんな大注目iPhone Xの陰に隠れてしまった感のあるiPhone 8/8 Plusの魅力を紹介。そしてiPhone 6/6sユーザの場合、もうそろそろ2年契約を終えて買い替えの時期にさしかかっているのではないでしょうか?そんな方へ、iPhone 6/6sからiPhone 8/8 Plusへ買い替えるメリットデメリットを紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク

 メリットデメリット

それでは早速、iPhone 6/6sからiPhone 8/8 Plusへ買い替えるメリット・デメリットを紹介していこうと思います。

~ メリット ~

 1.防水・防塵

精密電子機器にとって水は超大敵です。iPhone 6/ 6sは防水対応がされてなく、Lightning端子やイヤホンジャックから水が入ると故障につながり高額な修理費が掛かります。というか、掛かりました^^;

私自身、一度水による故障をすると突然の雨や水場での作業の時など、常日頃から水にかからない様にと心配がつきまとっていました。iPhone 8/8 PlusではiPhone 7に引き続き防水・防塵ということで、この機能だけでもかなりの魅力的だと思います。

 2.ワイヤレス充電が可能に

iPhone 8のQi規格に準拠したワイヤレス充電機能。充電用の台に置くだけで充電ができる代物です。最初に知ったときは、かっこいい!お洒落だなあと思いましたが、調べていくうちにメリット・デメリットがいろいろと出てきました^^;

メリット

・Lightningケーブルを使用しなくていいので、断線の心配がなくなる。

デメリット

・Lightningケーブルで充電するより、充電スピードが遅くなる。(ワイヤレスで充電する場合は電気のロスが多くなります。)

・充電器本体の値段が高い。

・充電中は動かすことができない。

などが挙げられます。

 3.デュアルカメラ搭載(※Plusのみ)

こちらはPlusのみに使用されており、広角レンズと望遠レンズが搭載されています。

 4.FeliCaに対応。Apple Payが使えるように

こちらもiPhone 7から対応しています。様々な支払いに対応しており、非常に便利な機能となっています。ただし現在は使えるサービスが限られており、楽天Edy、nanacoなどは未対応となっています。

~ デメリット ~

 1.背面がガラス素材に

これをメリットとして捉える方もいるかもしれませんが、個人的にはiPhone 6/6sで使用されていたサラサラとしたアルミパネルの背面の方が良かったと思います。指紋も付きにくく、破損の危険性もなかったので^^;

ガラス素材の場合、割れやすそうと心配する方が多いと思いますが、今回のiPhone 8では最も強度の高いガラス素材を使用しているので、そこまで心配する必要はないかもしれません。

※ただし、ガラス素材なのである程度の高さから落とすと割れてしまう可能性があります。

(iPhone 6/6sだとそんな心配はなかったのですが・・・)

ガラス素材になった理由は、ワイヤレス充電に対応するために背面もガラス素材を採用したとのことです。

ちなみに、ガラスが割れた際の修理費用は

iPhone 8 の場合   17,800円

iPhone 8 plusの場合 19,800円

 2.イヤホンジャックの廃止

イヤホンジャックの廃止はiPhone 7から続いており、正直言って超不便だと思います。イヤホンで音楽を聴きながら充電をすることができないのですから・・・・。iPhone 8では戻ってくることを少し期待していましたがそんなこともなく。^^;

AirPodsなどのワイヤレスイヤホンを普段から利用している方には全く問題ない話なんですが。

 おわりに

以上がiPhone 6/6sからiPhone 8/8 Plusへ買い替えるメリット デメリットです。この他にも言うまでもありませんが、通信速度の高速化やCPUの性能の向上なども挙げられます。

iPhone 6/6sからiPhone 8/8 Plusへ買い替える予定のある方、または買い替えを考えている方に少しでもお役にたてれば幸いです。

スポンサーリンク

フォローする