【感想・レビュー】銀魂実写映画 銀魂原作を全く知らない人でも面白いのか?

出典:銀魂公式ツイッターより

こんにちわ、あーるのです。

昨日友人に誘われて映画を観に行ってきました。

何を観るか決めていなかったのですが、友人の「銀魂観よ!!」との一言で実写「銀魂」に決定。

銀魂観たことないなんてもう言えない・・・^^;笑

正直、ストーリーやキャラクターなど全く知らないので、不安でいっぱいでした。

今回は、そんな原作を知らない人の実写「銀魂」の感想・レビューです。

スポンサーリンク

 銀魂って・・・

銀魂とは何か?について少し触れておきます。

幕末時代を模した文化背景をもつパラレル世界の地球。
黒船が来航する前に総称して天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人が江戸を開国させ、天人によって半植民地化された地球、日本が舞台である。
そんな時代の中、江戸のかぶき町で何でも屋「万事屋銀ちゃん」を営む銀髪天然パーマの坂田銀時とその周りのおかしな人々との間で起こるドタバタ劇を描いている。
新撰組や攘夷論などの日本の夜明け時代に引っかけている。
そもそも大河ドラマ『新選組!』に便乗して連載を開始した節もある。

とんでもない下ネタはもちろんのこと、非常に危険なパロディネタや時事ネタ、ゴシップネタなどを使うことで有名である。

引用:http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%8A%80%E9%AD%82

とのこと。

設定がぶっ飛んでて、アニメ・漫画のほうが気になる^^;

 映画を観終わっての感想

ふつーに面白かったです!

原作を知らない人でも理解しやすいようになっていてとても楽しめる作品だと思いました。

正直、最初は実写化と聞いて「実写化の時点でもうダメだろ・・・」と心の中で思っていました。私自身銀魂の原作を知らなかったので、かなり不安なとことがありました。

個人的に序盤の15分くらいはかなり滑っていて、この映画大丈夫かなと?と心配になりました。

そして、戦いのときのサウンドや効果音がうるさい!

迫力感を出したいのはわかるんだけど・・

それに見合う演出感がないような

CGのチープ感が凄かったです。

こんな感じで、最初の方は個人的にかなり酷評でした。

しかし、中盤からパロディを混ぜたギャグがほんと面白かったです。

あれは本当に卑怯です!

絶対に笑ってしまいます。笑

そのほかにも、ギャグのテンポや役者さんの見事な演技がほんとにいい感じでした。キャストのほうも豪華で、ビジュアルの方も実写化にしてはクオリティが高かったように思えました。

コメディ映画としてはとても面白い作品だと思います。

ただ、ストーリーの方は普通といった感じでした。

コメディ映画としては絶対観に行く価値あり!だと思います。

笑いたい方はぜひ実写「銀魂」観を行ってみてください!!

スポンサーリンク

フォローする