【合格者が語る】基本情報技術者試験|合格までの道のりと方法

今回紹介するのは、私が基本情報技術者試験に合格するまでにしてきた道のりについてです。

私自身、文系出身者でIT知識ゼロの学生でした。

(付け加えると、中高校生の時に制服で川に飛び込むようなバカです。)

そんなIT超初心者が、基本情報技術者試験に午前午後ともに80点以上で合格した道のりを、皆さんにお伝えしていきたいと思います。

それでは本題に入って行きましょう。

スポンサーリンク

初めに用意したもの

まず初めに用意したものということで、

基本情報技術者試験の参考書です。

参考書は必須です!!

私のおすすめの参考書はこちらです。

おすすめ参考書【午前】

上記の参考書は初心者でもわかりやすく解説されており、本当におすすめです。

全くIT知識がなく不安な方でもわかるように、図を使いながら解説されています。

この参考書さえあれば、午前合格間違いなしです!

そしてもう一つ、

午後の参考書を購入しました。

おすすめ参考書【午後】

ちらも必須です!

数ある午後対策参考書の中で、解説がわかりやすくおすすめの参考書です。

どれにすればいいか迷った方は、こちらをおすすめ。

さて、準備も整ったところで次へ行きます。

まず初めにしたこと

まず初めに私がしたことは、参考書に一通り目を通しました。

(正直、一通り目を通してもわからないことだらけで不安になりました。笑)

そして、次にもう一度参考書をしっかり最初から読んで行って、

わからないところはネットで調べました。

一度最初に参考書に目を通しておくことで、効率よく身に付いていきました。

次にしたこと(午前対策)

そして参考書を読み終えたあと、

午前の過去問題を繰り返し解いていました。

私は過去問道場というサイトで午前対策の勉強をしていました。

FE 基本情報技術者試験ドットコム

URL http://www.fe-siken.com/fekakomon.php

ここでは、過去に出題された問題やその解説もついており、とてもおすすめです。

また、わからないところがあった場合、

参考書を辞書代わりに使っていきました効果的

基本情報技術者試験午前問題は過去問から出ることが多いので、

過去問の勉強は必須です。

正解率が90%以上になるまでやっていきました。

これで午前の勉強は終了です。

ここまでやるのに私の場合、一か月ちょっとかかりました^^;

このような勉強法でやるとしっかり知識が身に付きます!

それでは、次に午後対策へ行ってみましょう。

次のページへ>> 基本情報技術者試験に合格するまで道のりと方法 【後編】

スポンサーリンク

フォローする