【ジャスティン・ビーバー】世界ツアー中止の理由とは?不測の事態って何?

世界的人気アーティストジャスティン・ビーバーさんが現在開催中の世界ツアーを中止にすることを発表しました。

ツアー中止のニュースを聞いて、ビックリされた方も多いはずです。

友達が9月に、ジャスティン・ビーバーの公演を観に行くといっていたので、なんというか本当に気の毒です….。(自分だったら発狂しています。^^;)

今回は、世界ツアー中止までの経緯とその理由についてまとめてみました。

理由については、筆者なりにの意見です。

スポンサーリンク

 世界ツアー中止までの経緯

2016年3月に世界ツアーを開始

すでに世界各国で150以上の公演を終えており、残すは北米やアジアの14公演だけでした。

日本では2017年9月23,24日に東京公演が決まっていました。

そして2017年7月24日に、自身のフェイスブックにて世界ツアーの残り公演を中止することを明らかにしました。

ツアー中止の理由については、

「不測の事態によるもの」と述べられているが

詳細は不明です

 不測の事態とは?公演中止の理由

公演中止の理由として

中国の北京で予定されていた公演が、7月18日にジャスティン・ビーバーの「過去の不良行為」を理由に、北京当局が認めないことを明らかにしたこと

が挙げられます。

「過去の不良行為」の付帯的な内容は明らかにしていませんが、

・飲酒運転での暴走

・靖国神社での参拝

・万里の長城で2人のボディーガードに担がれて登った

などが挙がっています。

北京当局はなぜ、ジャスティン・ビーバーの公演を認めていたのに、7月18日に一転して公演を認めなくなったのか。

ココが鍵になりそうですね。

靖国神社参拝を理由に、中国当局がジャスティン・ビーバー側に圧力をかけて東京公演も中止にさせたという理由

他には、ジャスティン・ビーバー自身の体調不良などが考えられます。

 まとめ

今回ジャスティンビーバーの世界ツアーが残り14公演を残して中止となったことについて様々な情報が飛び交っています。

主催者側が「不測の事態」によるものと答えているので、自身に何かあったのではないかと思われます。または中国での問題が原因の可能性もありますね^^;

公演中止の本当の理由については、今後の経過を見守りましょう。

スポンサーリンク

フォローする